ゆめふる上坂橋

福祉/介護施設も木造の時代へ

木造建築は、鉄筋コンクリート造や鉄骨造と比較し、建築コストが抑えられ工期も短く、木の温もりが感じられる地球環境負荷にもやさしい建築です。2010年施行の「公共建築物木材利用促進法」により、今後更に増えていく施設建築(福祉・文教・商業施設等)に、我々はお応えしていきたいと考えています。

外観

木造建築のメリット

①コスト・・・・・RC造に比べて大幅なコストダウンができます。
②工期短縮・・・・RC造に比べて大幅な工期短縮ができます。
③人に優しい・・・木の温もりは入居者に心地良い環境を提供します。
※その他
 RC造に比べ有利な減価償却、解体費用も少なくすみます。

内観

ゆめふる上坂橋(デイサービス)工事概要

施工場所:東京都上坂橋1丁目4801-1、4320の一部
建築主 :小宮恒産株式会社
運営会社:株式会社やさしい手
設計監理:阿部正博:株式会社ナレッジ・デザイン一級建築士事務所
施工  :株式会社西洋ハウジング東京支店
敷地面積:265.32m2
建築面積:159.10m2
延床面積:155.27m2
工期  :2013年11月30日~2014年4月15日
構造規模:木造在来軸組工法・地上1階建て

内観

西洋ハウジング 担当者コメント

ご入所/ご利用の方が、安全で穏やかな時間を過ごしていただけるように、また木の持つ温もりや風合いを活かし、リラックスした雰囲気となっていただけるようにという気持ちで施工いたしました。都市型施設として前面道路も狭い住宅地でしたが、近隣環境にも配慮しながら、進めて参りました。